疑問・発想・工夫=新たなサービスの創造
ホームページ タイトル 本文へジャンプ

給水管劣化調査


腐食状況と施工状況を広範囲に調査します
給水管抜管サンプル ファイハ゛ースコープ写真



◆一般的な調査項目
共用部抜管調査
配管を切り取って、サンプルを作成しサビの状態を確認します。

量水器廻り抜管調査
同上

専有部配管内視鏡調査
隠蔽部分の配管内面を内視鏡で撮影し劣化状況を確認します。

残留鉄濃度測定
水中の鉄分の含有率を測定し、サビ発生の度合を判断します。





◆お勧めする調査項目  
各戸量水器廻り抜管
調査

配管を切取って、サンプルを作成しサビの状態を確認します

共用部・専有部内視鏡
調査

共用部は抜管調査に替え内視鏡調査を行うことで広範囲に配管の腐食状態が確認できます。

調査方法を変えることで費用も抑えられ調査時間も短縮できます。

専有部調査は腐食状況の確認と共に施工状況(管端コアの使用状況)も確認します。

アンケート調査
居住者から水道水の色、濁り、匂い、味、水量、漏水事故の有無や給湯器の点火状況に関するアンケート調査を行い状況を把握します。